医師の転職事情とは

休日を欲しがる医師の転職事情とは?! 

休日を欲しがる医師の転職事情について、解説していくことにしましょう。近年マスコミで騒がれるようになってから、ようやく医師の過剰労働が注目されるようになりました。

 

そのような中で、様々な事情を抱えて休日を増やしたい一心で転職を決意する医師が増加しています。休日が欲しい理由は様々ですが、いくつかの事例をご紹介していくことにしましょう。

 

医師 転職サイト

 

一番多いのは、家庭を優先しながら働けるようにしたかったため、休日が取れる医療機関へ転職することを希望したというものです。

 

若い頃はより多くの収入を得たかったり、スキルアップの為に働く医師が多いのですが、年齢を重ねていくと自分の時間や家族との時間を大切にするようになります。

 

また女性医師の場合は、ある程度子供が大きくなるまでの間は定期的に休みが欲しいということもあるようです。

 

家庭優先で働きたいというと、女性医師の意見であるように感じてしまいますが実際にはそういうわけではありません。やはり休む暇なく現場で働いてきた医師は、50代を過ぎたあたりから家庭と仕事のバランスを最重要視するようになるのです。

 

それから医師の数が多い医療機関へ転職して、身体を休めることができるように休日を確保したいという意見も多いといえるでしょう。人手不足が続いていると、仕事の質も生活の質も下がっていきます。

 

久々に自宅へ戻って、ゴミだらけの部屋を見て愕然としたという独身の医師は多いといわれており、身体を壊す前に転職を考え始める傾向にあるのです。

 

また研究に打ち込みたかったり、勉強の時間に充てたくても仕事が忙し過ぎてままならないとなれば、意欲がそがれていくものです。このような場合も、休日を求めて転職する傾向にあるといえるでしょう。

 

ちなみに常勤医として働いても、しっかりと休日を取ることは可能です。転職サイトなどで扱っている求人案件の中は、医師の労働環境の改善に努めている医療機関からの案件が多数存在します。転職サイトへの登録は無料ですので、まずは先に登録を済ませておくようにしたいものです。